デンマークにすむ日本人に聞きました Vol.1
「デンマークで驚いたこと」そして「僕がデンマークに来た理由」

はじめまして。 僕は2018年の1月からデンマークでの生活をスタートしました。
北欧独自の学校「フォルケホイスコーレ」でデンマークの言語や文化を学びながら、暇を見つけてはデンマーク国内を旅して回る、という生活を送っています。
メジャーな観光地はもちろん、「え、ここに来た日本人って僕だけじゃない?」と思うぐらいマイナーなところまで、本当にありとあらゆる場所へ行ってきました。
さて今回は、そんな僕がデンマーク生活を通して今思う「デンマークで驚いたこと」、そして「僕がデンマークに来た理由」の2つについてお話します。

デンマークで驚いたことベスト3

日本にいたときに僕が持っていたデンマークのイメージは、

  • 税金が高い
  • インテリアの国
  • コペンハーゲンの街並みが素敵そう

そんなところです。 でも、現地に住んでみるといろんな発見があって、これまで知らなかったデンマークというものが見えてきました。
僕が個人的に特に驚いたことベスト3をご紹介しますね。

第3位:福祉の充実度が抜群に良い

デンマークにすむ日本人に聞きました Vol.1

第3位は、福祉の充実度。 「デンマークは高福祉国家」というフレーズを聞いたことはあったものの、具体的な内容は知りませんでした。
が、こちらに住んでみて、その充実度の高さに感動しました。 ザッとあげると、こんな感じです。

  • 医療費が無料
  • 学費は大学まで無料
  • 大学生は政府からお金がもらえる
  • 失業手当は給与の90%を2年間

日本だと考えられないものばかりじゃないでしょうか?
医療費無料」は、僕たち外国人にも適用されます。(住民登録が必要ですが。)

幸いなことに、僕はデンマークに来てから病気や怪我になっていませんが、知人の中には「医療費無料」の恩恵を受けた人がいます。
ある友達は、足を痛めてレントゲンを取ることになりました。
病院へはバスか何かで行くのかと思いきや、病院側が家までタクシーを手配してくれ、なんとそのタクシーの料金も無料だったそうです。
そのエピソードもびっくりでしたが、「大学生は政府からお金がもらえる」と聞いた時も驚きました。
そもそも学費は大学まで無料なのですが、それに加えてお金が支給されるのです。
その制度は、「SU(State Education Grant)」というもので、「学生は学業に専念すべき」という考えからできたそうです。

素晴らしい仕組みですよね。 日本では奨学金の返済に苦しんでいる人がいっぱいいる中、デンマークではそんな仕組みがあるのです。
これらの高福祉を支えているのが、高い税金。
身近なところでいうと、消費税はなんと25%です。
それでも、医療や教育の面で国民に返ってくるシステムになっているため、デンマーク人は納得して支払っているとみんな言っています。

第2位:デンマーク人はストレスを抱えている

デンマークにすむ日本人に聞きました Vol.1

第2位は、デンマーク人が「自分たちはストレスをたくさん抱えている」と言うことです。
これには驚きました。
なぜなら、デンマークは幸福度が世界一高い国のひとつだと聞いていたからです。

国連が発表している「世界幸福度報告書」という世界の幸せ度ランキングで、デンマークは何度も1位に輝いています。
1位を外れた年も常に3位以内には入っており、世界一幸せな国と言っても過言ではありません。
それでも、現地の人たちはそこまで幸せだと感じていないようなのです。
僕はデンマーク国内をあちこち旅している中で現地の人とお話しすることがあるのですが、「デンマークって世界一幸せな国だよね?」と聞くと、ほとんどの人が、「え?デンマークって世界一なの?」「みんなストレスを抱えてるけどね・・・」と言うのです。
理由は様々ですが、やはり日本と同じように仕事が忙しかったり、人間関係だったりするみたいです。

あと、日照時間の短さも大きく影響しています。
北欧の国は日が出ている時間が他の国に比べて短く、太陽の光によって体内で作られるビタミンDが不足することで、鬱になる人が多いんだとか。
これはあまり知られていませんが、実は、デンマークは抗うつ剤の摂取量も世界トップクラスの国なのです。

第1位:コペンハーゲン以外にも魅力的な場所がたくさんあったこと

デンマークにすむ日本人に聞きました Vol.1

第1位は、デンマークにはコペンハーゲン以外にも魅力的な場所がいっぱいあったこと
デンマークと聞いて真っ先に思い浮かぶのはコペンハーゲンではないでしょうか?
というより、コペンハーゲン以外の街を知らないという方がほとんどだと思います。 僕もその中の一人でした。
でも、あちこち行ってみると、実は他にも良い場所がいっぱいあったのです。

特に良かったのが、
「せっかく住んでいるんだし、デンマークをもっと知りたい!」と思った僕は、学校の先生(デンマーク人)にオススメの場所を聞いてみることに。
すると、「デンマークには綺麗な島がいっぱいあるから、絶対行くべき!」と、お気に入りの島をいくつか教えてくれました。
まさか島をオススメされるとは思っていなかったのですが、デンマーク人が言うんだから間違いないはず。
そう思った僕は、教えてもらったところに全部行ってきました。

行って正解でした。
青のグラデーションがどこまでも続く綺麗な海、カラフルな家が立ち並ぶ古くて可愛い街並み、穏やかで優しい地元の人たち。
全部で7つの島に行きましたが、どの島もまさに「ヒュッゲ」な場所ばかりでした。

デンマークにすむ日本人に聞きました Vol.1デンマークにすむ日本人に聞きました Vol.1デンマークにすむ日本人に聞きました Vol.1

デンマークには、コペンハーゲンに負けないぐらい魅力的な場所がたくさんあったということ。
それが、僕の驚いたことランキング1位です。

なぜデンマークに来たのか

デンマークにすむ日本人に聞きました Vol.1

さて、僕がデンマークに来た理由について、ちょっとだけお話します。
きっかけは、インテリアでした。

僕はインテリアが好きで、過去にインテリアコーディネーターの専門学校へ通っていた時期があります。
学校では様々な国のインテリアを学んだのですが、僕はその中でもデンマークのデザインが一番好きだということに気づきました。
「なんでデンマークのデザインはこんなに良いんだろ?」 そんなことを思うようになりました。 そして、さらにそこから興味の幅が広がり、デンマークという国自体が気になるようになったのです。
「実際に現地に住んで、デンマークのことを知りたい。」 そう思った僕は、8年間サラリーマンとして働いていたキャリアを断ち、気づいたらデンマークに来ていました。

30歳という年齢もあり、周りの人からは、「思い切った決断をしたな・・・」「怖くなかったの?」と何回も言われました。
でも、僕個人としては、自分の気持ちに正直になって行動して、今は本当に来て良かったと思っています。
なぜなら、この1年を通して、これまで経験したことのなかったことにたくさん触れることができたから。
そして、デンマークという素晴らしい国に出会えたからです。

眠りについて

ここからはノルディックスリープ様からいくつかご質問をいただいたので、回答させていただきます。

Q.旅がお好きだとのことですが、時差ぼけ解消や環境の違いで眠れない時にすることは?
実はこれまで時差でボケ苦しんだ経験がなく、また寝つきも良い方で、いつもスッと寝れています。
ただ、たまに眠れないときがあります。そんなときは無理に寝ようとせず、一度起きて本を読むようにしています。 本を読んでいると少しずつ眠たくなってきて、また布団に戻るという感じですね。
Q.質の良い睡眠をとるために…デンマーク生活での寝室って快適だった?
フォルケホイスコーレ(学校)の寮の寝具は、可もなく不可もなくという感じです。笑
デンマーク国内を旅行するときは民泊を使って一般の方の家にステイすることが多いのですが、どの家もベッドのサイズが大きく、ゆったりと横たわることができる印象です。
デンマーク人は背が高いのですが、デンマーク人が横になってもかなり余裕がありそうなぐらい大きなサイズのベッドを置いている家が多いです。
デンマークは日本に比べると大きい家が多いので、それも関係しているのだと思います。
あと、デンマークの枕は正方形が主流で最初少し驚きました。
でも、個人的には違和感は特になく、形の違いによる眠りへの影響はあまり感じたことはありません。
Q.NORDIC SLEEP by Fossflakes はご存知でしたか?
最近、インスタグラムを通して知りました。
僕が持っている2つの気持ち、「毎日気持ちいい布団で寝たい!」と「デンマークが好き!」をどちらも兼ね備えていらっしゃるブランドで、僕にぴったりだなと勝手に思っていました。笑
Q.枕と掛布団を洗濯機で丸洗いしたことありますか?
ありません。 日本で一人暮らしをしていたときは、「もし丸洗いできるならしたい!」とずっと思っていました。 ノルディックスリープさんの枕や布団は丸洗いできるそうですね。
とても魅力的です。

ノルディックスリープさんの枕を使うことが楽しみです

日本の実家にノルディックスリープさんから枕を送っていただけることになりました!
今まで特にこだわらずに枕を選んでいたので、他の枕とどれくらい違いがあるのか今から楽しみです。
日本に帰りたくなる理由が一つできました。

Tabuchi Seiya (writer)
ワーホリビザを取得し、2018年1月からデンマークで生活。 北欧独自の教育機関「フォルケホイスコーレ」でデンマーク語を学びながら、デンマーク国内をあちこち旅行しています!
Blog : https://elutas.com/
Instagram:
https://www.instagram.com/elutas_elts/

この記事に関する、ご意見、ご感想は、info@nordicsleep.co.jp まで。